幸せな時間


日本語を勉強している台湾人の日本語練習帳
by shih12
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夫婦喧嘩の現場に潜入

遅くコメントー、すみません、この週末までください。m(__)m

それ前に、鬼嫁を見てください。
d0013150_15155210.jpg
d0013150_15162217.jpg
d0013150_15163722.jpg
d0013150_15164981.jpg

[PR]
by shih12 | 2006-03-31 15:21 | 日常

眠る

d0013150_15374085.jpg

[PR]
by shih12 | 2006-03-28 15:39 | 日常

残念

d0013150_1414480.jpg
去年は、日本へ旅行するの計画した、いろいろ原因ので、いま本来の予定は変えた、来年に旅行することが目指しています。
[PR]
by shih12 | 2006-03-24 14:03 | 日常

布丁

d0013150_8443667.jpg
tkd_soushiさんの今日のデザートからパステルのデザートを拝見しました。その日から、パステルのプリンを欲しい~!

結局は十個を買っだった、一人ですべてたべませんか?
できればできたい…
もちろんできません、家族と隣さんと一緒に美味しいプリンを食べました。

パステルのデザートを大好き、とくに抹茶味とごま味^_^
でもよく食べることがあまりよくないと思って、それで年二、三回にパステルのプリンたべます。
[PR]
by shih12 | 2006-03-20 22:15 | 食べ物

緊張のかぎりだった

昨日は手術してきました。

去年に腕に一つ腫瘍を大きくなった。この腫瘍は数年前存在しだって、最初は小さいものて、だんだん大きさに成長しました。心に不安はいないことはありません、痛くないので、それまま置いてきた…

去年年末に親友と一緒に食事する時、親友は私の皮膚に痣が多くなったことを見つけて、腕の大きくなった腫瘍を見て驚かれた。厳粛な調子で私に病院へ行って検査することを勧告していました。親友の口に言い出してはないの言葉は、良性と、悪性と、どうがわからない、とにかく速ければ速いほど良いさだ。

本気に考え、先週に電話で診察を予約した。今週に総合病院へ行きました。痣と腫瘍をチェックしたいので、皮膚科を受診しれた。皮膚科の医者さんは私の痣が多くでも正常だって、気をつけない、腕の腫瘍は…外科の医者さんに診察しればほうがいいと言った。


ここまでの治療場面は平気ですけと、ここ後は…
外科の診察室で会話を見てください。


ハンサムだめがね医者さん:「腕の腫瘍は良性、脂肪腫だよ。」

安心した私:「はい。」

医者さん:「その腫瘍に痛みはありませんか。」

私:「痛くないです。」

医者さん:「そう。じゃ、手術してやりませんか。」

心に衝撃を受けた私:「エ~!手術してくれるか!今!ここ!」

平然で答えた医者さん:「そうですよ。脂肪腫を取り出す手術だ。」

心の声:(うわ~!どうな手術ですか!どうしよう?!怖いそう…でも今逃げれば、病院へ帰て手術した勇気が絶対ありません。)

また驚く状態にいた私:「あの…手術の時間は…」

のんびり医者さん:「長い時間ではない。」

全然落ち着けない私:「そう…そうですが。それなら、お願いします。」



病床で横たわて、看護婦さんは手術用具を用意しおわる、診察室で手術をやりはじめした。

医者さん:「腕に麻酔をかけて、もし痛みを感じるならば、言ってくれる。」

注射を嫌くて蒼白になる私:「はい。」

心の声:(メスで皮を切開しれてきた!その腕は感知できないですけと、腕以外、私の全身は感知が全開しました。)

(心の感じは)長い長い時間を過ぎた。

医者さん:「あれ?脂肪腫は想定して皮下組織にいるのはない、筋肉中にいた。」

看護婦さん:「あ!本当だ。」

医者さん:「筋肉の中にいるせいだ、脂肪腫は予想より大きい。」

心の声:(きゃあ!!!)


医者さんは看護婦さんに言った:「筋肉用のメスと筋肉用の麻酔を用意してくれて、皮膚科の看護婦に助けさせて。」

すぐに、隣に皮膚科の看護婦さんは来た。

医者さん:「今、筋肉で麻酔をかけた、痛さを感じれば、教えて。」

手術しない手は上着をしっかりつまんだ私:「痛さがない、でも緊張はいっぱいです。」

看護婦さん:「あれは筋肉膜ですか。」

医者さん:「そうです。筋肉を引き離してくれて。」

心の声:(手術は大丈夫ですか!?)



その時、ひとりわがままオヤジは診察室に入り込んできて、カーテンの外た質問した。

わがままオヤジ:「先生、まだ私の番になっていないか。」

心の声:(ス.ミ.マ.セ.ン。今、手術してくれるから。)

看護婦さん:「まだですよ。今、手術している最中にので、待合室でお待ちください。」

わがままオヤジは門の扉をしめて、静に離れた。



また長い時間を流れた。

気楽になった医者さん:「本当に大きい脂肪腫だよ(喜)。あなたはみたいですか。」

心の声:(いや~嫌だ!私は自分の赤い血管と血の中の赤い筋肉と青い神経など中に脂肪腫は、絶対にみたくない~!私の心はそうな強くではない!)

冷や汗をかきた私:「あの…手術終了時に見てくれるほうがいいと思います…」

自慢してる医者さん:「そうだ。予想外大きいものので、(完璧な手術を出来ました。)」

心の声:(私も、予想外緊張の手術だ!)

得意な医者さん:「出来た。」

解放しれた私:「心からありがとうございます!!」
[PR]
by shih12 | 2006-03-17 11:49 | 日常

白州正子の「私の百人一首」

日本人の心は何処ですか如何ですか。
百人一首の中にあるかもしれませんと思いて、
そして、百人一首を読みはじめています。
d0013150_1633341.jpg
今日の進度は七∙阿倍仲麻呂でございます。
[PR]
by shih12 | 2006-03-13 16:50 | 読書

現代の台湾女性

結婚しようとしまいと、どちらはほうがいいことを迷っになります。
d0013150_17272686.jpg
みてください、写真の中にカメラマンはあのピンク色のジャケットを着た女、助手は左の青い色のジャケットを着た男ですよ。
d0013150_1727367.jpg
台湾女性は職場でだんだん活躍しています。仕事から、給料を受け取るだけじゃない、あとは自由や自信や成長などいろいろを獲得しています。

子供は可愛い、一人の寂しさが嫌い、結婚しれば、幸せになるかもしれません。でも、もし結婚しれば、旦那と子供が持ってる後、仕事をしっかりやるできない、最悪の状況は、勤務と家庭を両立できない、家庭ために自我も持ってなくなることもある、その時、結婚するのは本当に幸せに通ってる正しい道ですか。

人のザイではない、社会と文化は働く女性を期待しない、伝統で女性は家庭を犠牲しないのは人間失格です。台湾の専門主婦は少ない、旦那一人の給料は少なから。

二十年前に、台湾の社会は結婚しない女性に対して偏見を抱った、今は偏見が少なくなったので、結婚に対してたくさん不安をあった女性は、結婚に踏み切りないです。

2005年の台湾二十代女性は、四人中に結婚した人は一つだけだ、一般的には、女性は結婚しても職場を離れない、台湾の男性は家庭と育児参加が不充分である為に、女性に結婚するの意味は仕事と家庭と育児など、負担が過度になる、結婚したくないですけと、結婚の厳しい現実生活ことを怖くなるから。

社会に結婚したくない女性は大勢がいる、もちろう出生率は低下です。2005年で台湾の出産率は1.18‰、日本と同じ少子化問題に深刻だ、家庭は女の家庭たけではない、男と会社が変わらねば、台湾社会の女性の未婚化と出生率は低下の問題はまた厳しくなって続きてきます。
[PR]
by shih12 | 2006-03-09 17:30 | 文化

康復了

d0013150_20265056.jpg

[PR]
by shih12 | 2006-03-06 20:28 | 日常
メモ帳
私が書いた日本語を直していただけますか?日本語を勉強したい!直されたい!




Site Meter

最新のトラックバック
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧