幸せな時間


日本語を勉強している台湾人の日本語練習帳
by shih12
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

三つ七月

七月

今年七月は三つであります。
一つは陽暦(太陽暦)、二つは陰暦(月暦)の七月と閏(もう一つ)七月です。台湾で陰暦の七月は冥間から人間に遊びの霊魂たちの夏休み、閏七月の意味は彼たちの遊び時間は延長しています。

今年の陰暦の七月は陽暦の七月二十五日から、その日で人間の霊魂を管理の城隍という神さまは、人間と冥間の連絡道の門を開けて、宗教の儀式を催して、霊魂たちに人間のルールを守ることを警告して、七月二十九に帰ってこないのは駄目と言って、そして、霊魂たちの夏休みは始まります。新竹城隍廟と基隆夜市城隍廟はその宗教の儀式を催すことを有名な廟です。

伝統の陰暦の七月は駄目の月、結婚する、家を買って引っ越す、車を買う等、やめてほうがいい、この期間に霊魂たち普通の期間より多い、悪いことを発生しやすいからです。



說文解字曰:「鬼,人所歸為鬼。」

漢の許慎の《說文解字》で:「鬼,人所歸為鬼。(人間はなくなたの状態は鬼というものです。)」と書きています。寿命が有限な人間は最後に死んてなる、本来のどころへ行く霊魂は肉体を離れることは帰ると言っています。

左傳子產曰:「鬼有所歸,乃不為厲。」

戰國の《左氏春秋傳》で子產:「鬼有所歸,乃不為厲。(肉体を離れる霊魂の鬼は鬼のところへ行くほうがいい、行かないなら、人間にいる鬼は恐ろしくなっていて、厲鬼というものになっています。)」といっています。

清段玉裁說文解字注曰:「厲之言烈也。厲鬼謂虐厲之鬼」

清の《說文解字》専門家の段玉裁は「厲之言烈也。厲鬼謂虐厲之鬼。(厲はすごいの意味がある、厲鬼は強く凶悪な鬼だ)」といっています。


紅衣厲鬼

昔の世界観は世界は天界と人界と黄泉が三つ領域になってる、鬼になっる時に黄泉へ行かなければならない、でも被害を受けて死ねや自殺するや、恨みを持う状態下、黄泉へ行きたくない鬼は人界にいって、悪い鬼になっています。

伝説から、赤い服を着て自殺しなら、強く悪い鬼になっています。この悪い鬼は恨み人に報復することができる、代価は永遠に鬼として迷い苦しんでいる、済度しれないです。

黃泉世界

黃泉世界へ行く鬼はどうな境遇にあるか。
晉の名門の王炎の《冥祥記》という本に〈趙泰〉という文章で黃泉世界を書きてあります。

晉趙泰,字文和,清河貝丘人也。祖父京兆太守。泰,郡舉孝廉。公府辟,不就。精思典籍,有譽鄉時。當晚乃膺仕,終於中散大夫。泰年三十五時,嘗卒心痛,須臾而死。下屍於地,心暖不已,屈伸隨人。留屍十日,平旦,喉中有聲如雨。俄而蘇活。

說初死之時,夢有一人來近心下,復有二人乘黃馬,從者二人,夾扶泰腋,徑將東行。不知可幾里,至一大城,崔嵬高俊,城色青黑,狀錫。將泰向城門入。經兩重門,有瓦屋可數千間,男女大小,亦數千人,行列而立。吏者皂衣,有五六人,條疏姓字,云當以科呈府君。泰名在三十。須臾,將泰與數千人男女一時俱進。府君西向坐,簡視名簿訖,復遣泰南入黑門。有人著絳衣,坐大屋下,以次呼名,問生時所事:「作何孽罪?行何富善?諦汝等辭,以實言也。此恒遣六部使者,常在人間,疏記善惡,具有條狀。不可得虛。」泰答:「父兄仕宦,皆二千石。我少在家,修學而已,無所事也,亦不犯惡。」乃遣泰為水官作使,將二千餘人,運沙裨岸。晝夜勤苦。後轉泰水官都督,知諸獄事。給泰馬兵,另案行地獄。

所至諸獄,楚毒各殊。或針貫其舌,流血竟體。或被頭露髮,裸形徒跣,相牽而行,有持大杖,從後催促。鐵床銅柱,燒之洞燃;驅迫此人,抱臥其上。赴即焦燗,尋復還生。或炎爐巨鑊,焚煮罪人。身首碎墮,隨沸翻轉。有鬼持叉,倚於其側。有三四百人,立於一面,次當入鑊,相抱悲泣。或劍樹高廣,不知限量。根莖枝葉,皆劍為之。人眾相眥,自登自攀,若有欣意,而身首割截,尺寸離斷。泰見祖父母及二弟,在此獄中,相見涕泣。



清˙王士禎˙聊齋誌異題辭

姑妄言之姑聽之,豆棚瓜架語如絲,
料應厭作人間語,愛聽秋墳鬼唱詩。


怖くでも鬼の世界を好き人もいる、清の蒲松齡は中の一人、《聊齋誌異》という怪奇小説を書く、王士禎の詩は、人間より蒲松齡は鬼の世界を好きことを言ってるです。
[PR]
by shih12 | 2006-08-21 11:25 | 文化
メモ帳
私が書いた日本語を直していただけますか?日本語を勉強したい!直されたい!




Site Meter

最新のトラックバック
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧