幸せな時間


日本語を勉強している台湾人の日本語練習帳
by shih12
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

多事之秋-3

「多事之秋」はどんな意味をつけて、どんな由来がありますか?

昔に秋は、立秋から、処暑、白露、秋分、寒露、霜降の6つの節気を序文に従って過ぎて行って、その中の秋分に季節の気候の転換の一環だ。この時に、気候の寒熱はよく変わって、風邪を引きやすくて、多くの持病は易復発だ、“多事多難の時期”と称されるものだ。それからだんだん派生しだしてなって、たくさん順調ではない事に出会ったの意味もあるた。

先週に、私は順調ではない事に出会うだけではない、その上も風邪を引いた。今、元気になって、身体は健康しても日本語で暑い夏に風邪をひくのは何ともばからしい、台湾の秋はまた暑い、その時に風邪をひくの私はばからしい。
[PR]
by shih12 | 2005-09-26 00:43 | 日常
メモ帳
私が書いた日本語を直していただけますか?日本語を勉強したい!直されたい!




Site Meter

最新のトラックバック
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧